ハバ サ ハナ |喜界島ざらめの焼き菓子工房|大阪府豊中市
喜界島について
東経130度、鹿児島から380キロ、奄美市から69キロの洋上にある隆起サンゴ礁で形成された珍しい島です。
島一面にさとうきび畑が広がり、さとうきびから作られる黒糖、黒糖焼酎は島の特産品となっています。
また、国内最大のゴマの産地としても知られています。
美しいビーチの海に色鮮やかな植物、静かな公園に遊歩道。
古代より受け継がれてきた遺跡、史跡、伝説など歴史・文化に触れる所もあります。
2017年に海岸周辺や集落など複数が国立公園に指定されました。

喜界島ざらめ (喜界島産粗糖)
喜界島は亜熱帯性気候や日照時間の長さ、水はけのよい地形などから、糖度の高い上質なさとうきびが穫れます。
その搾り汁をそのまま結晶化した喜界島ざらめは、上白糖やグラニュー糖などの精製糖に比べさとうきびに近い栄養分がたっぷり含まれています。鉄分やカルシウムなどのミネラル類は身体の不調を軽減してくれて、むくみをとってくれたりイライラも解消してくれます。
コクのあるまろやかな甘味が特徴で、島の人々が丹精込めて育て上げたさとうきびを島内の製糖工場で風味を生かした製法で味わい深く仕上げています。
焼き菓子との相性がぴったりの稀少な喜界島ざらめの風味をぜひお楽しみください。